ウィナーズ法は確実な利益の獲得を目指す攻略法。

オンラインカジノでプレイする時というのは、誰しもが一攫千金を狙いたくなるものです。ただ、プレイヤーの中には一度に高額な儲けを狙うのではなく、確実に利益を積み重ねていきたいという人も少なくありません。そんな堅実なプレイヤーに適した攻略法が「ウィナーズ法」です。

ウィナーズ法とは?

ウィナーズ法は連敗した後に連勝すると効果を発揮します。その性質から、どちらかというと利益を増やす攻略法というよりも、損失を回収しながら利益を確保する攻略法と言えます。
ウィナーズ法ではベット額をメモに記入したり、メモから消去したりしながらベット額を算出します。以下が主なベットシステムです。
①2連敗までは同じ金額をベットし、ベット額をメモに記入
②2連敗後の3ゲーム目で、メモの左端の金額(最初のベット額)の2倍をベット
③ゲームに負けると、数列の右端に当該ゲームのベット額を記入
④ベット額は常にメモの左端の金額の2倍
⑤ゲームに勝つと、左端の数字を消去
⑥数字が全て無くなると、最初にリセット

ウィナーズ法のベット手順

仮に、基準ベット額を1ドルとしてプレイしたとします(カッコ内:ベット額、〇:勝ち、✕:負け)。2連敗後にウィナーズ法がスタートするため、メモには1ゲーム目と2ゲーム目の負けたベット額が「1・1」と記入されています。
・3ゲーム目(2ドル):✕
左端の数字が1ドルのため、ベット額は1ドルの2倍の2ドルです。ゲームに負けたため、メモの右端に2ドルを書き加えて「1・1・2」となります。
・4ゲーム目(2ドル):〇
4ゲーム目に勝ったことで左端の数字を消すため、数列は「1・2」に変わります。
・5ゲーム目(2ドル):✕
5ゲーム目に負けたことでメモの右端に2ドルを書き加え、「1・2・2」となります。
・6ゲーム目(2ドル):〇
6ゲーム目で勝ったため、数列は左端の1が消えて「2・2」となります。
・7ゲーム目(4ドル):〇
7ゲーム目のベット額は左端の数字が2のため、2倍の4ドルに増えます。7ゲーム目も勝ったことで、数列は「2」だけになります。
・8ゲーム目(4ドル):〇
8ゲーム目も勝ったことで消す数字が無くなっため、ウィナーズ法はリセットされます。ゲームを続ける場合は、2連敗まで待ちます。
上記のゲームの結果を表にすると以下になります(左:ベット額/右:累計損益)。
・1回目✕:1ドル/-1ドル
・2回目✕:1ドル/-2ドル
・3回目✕:2ドル/-4ドル
・4回目〇:2ドル/-2ドル
・5回目✕:2ドル/-4ドル
・6回目〇:2ドル/-2ドル
・7回目〇:4ドル/+2ドル
・8回目〇:4ドル/+6ドル
ウィナーズ法は勝ちと負けが同じ回数になると利益が発生し、同時に数字が全て消えてリセットされます。

ウィナーズ法のメリット

ウィナーズ法のメリットとしては、主に以下の2つが挙げられます。
1)少額の資金で運用可能
2)50%の勝率で利益を獲得

1)少額の資金で運用可能

ウィナーズ法はメモした左端の数字の2倍の金額をベットするだけのため、基準ベット額が少額であれば、ベット額が高額になることはありません。ベット額が急激に膨らまないことから、初心者にも適した攻略法になっています。

2)50%の勝率で利益を獲得

勝ち数と負け数が同じであれば、利益が発生します。1対1の勝率で良いため、連敗してもプレッシャーを感じずに済みます。

まとめ

ウィナーズ法は少額の資金で、且つ負担なく利益を狙える手法と言えます。ただし、ベット額を算出するために毎回ベット額をメモに記入したり、数字を消去したりしなければならず、その分手間がかかります。
勝負の決着は負け数と勝ち数が同数になり、メモの数字が消滅した段階になります。なお、ウィナーズ法は勝率が50%、配当倍率が2倍のゲームに使用します。従って、ルーレットの赤・黒ベットやバカラ、ブラックジャックが対象になります。
error: Content is protected !!